FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
リズムあそび
(リズム遊びは、斉藤公子さんが考案した遊び)

今回は、荒川区の後援
荒川区の自主保育サークル
おむすび」さんと
たねっこ」さんの
共同主催の親子リズムというのに
姪っ子と参加してきました!

今回は、永谷郁夫さん、涼子さんが講師でした♪

自分の育ったルーツをたどる1日。

ゆずの木保育園を卒園してからなので
24年ぶりのリズムあそびを体験してきました♪

今回のテーマは「秋」

ピアノに合わせて
秋の風やにおい
食べ物、雲なんかを探しにお散歩

どんぐり どんぐり こーろころ~
きんきんきれいな秋の空~
なべなべそ~こぬけ
金太郎とくま
手押し車

お次は
3つの班に分かれて
めだか
四つ足ハイハイ、高足ハイハイ、馬のギャロップ
とんぼのめがね
汽車

かげふみ
コスモス

最後は
子どもの体をほぐしす遊び

などなど、もりだくさんの2時間

高足ハイハイのときは
両膝両肘は伸ばしたまま前進

とんぼのめがねは
肩と横に伸ばした手は一直線で
力を抜き
でも指先はピッと伸ばす
そして、曲の最後は片足を後ろに伸ばし
胸を弓なりに上に反らし
顔は前方上を見て、静止

汽車は
両手の指は思いっきり広げ
全速力で走る時に
左右が同じ動きで前後するように動かす

馬は
手綱を引くように、両手はグーのままで
ピアノのジャン!という強い音の時に
力強く引き
緩やかな音の時に
力を抜いて腕を前に伸ばす
(力を抜き前に出す時もグーのままが難しい)

スキップは、大きく大きく跳ね
体の力を抜いて
体が自然に前に持っていかれる感覚を
感じて楽しむ

などなど
簡単にできそうなことのようでできないのです。
脳をフルに回転させないとできませんでした。

久しぶりに、足の指を床にくっつけて蹴る
ということを意識的にやりました。

靴や靴下をはいていると
なかなか足の指を使っていないんですよね。

体育館は、まるで蒸し風呂でしたが
真剣に
走って、ゆるめて
止まって、寝っ転がって

姪っ子より楽しんじゃいました♪


このリズム遊びは
楽しみながら
足の指の力や、腕の力、
体全体の筋力をつけること
生物の進化論に基づいた考えが
盛り込まれています。
あとは
律動、リトミック、集団あそび、自由表現の
要素も含まれています。
そして、障害のある子どもたちの発達にも
大きな力を与えてくれるそうです。

私も、こんなに脳や体や神経機能の発達を考えられた
遊びを毎日やっていたのかと思うと
母たちがゆずの木保育園を選び
通わせてくれたことに
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そして、保育園の卒園文集を読み返し
母の言葉に涙してしまいました(笑)が
この保育園で育ったことが
生きる力を身に付けてくれたなと思います。


次回も参加して
たくさんのことを吸収してきたいなと思っています♪
興味のあるかたは
ぜひ参加していてくださいね~☆


追記
斉藤公子さんは
リトミックの日本での第一人者小林宗作さんから学び
リトミックは乳幼児には難しいため
0~6歳までにできるものはないかということで
リズム遊びを考案したそうです。

[2010/09/06 02:10] 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<10ヶ月♪ | ホーム | 9月2日夏休み保育♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ataneya.blog12.fc2.com/tb.php/145-4695d1c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。